まいくのブログ

経営学部の大学生の脳内

【西野亮廣】革命のファンファーレ読後感

こんにちは、まいくです。

クラウドファンディングを始めるための第一歩として西野亮廣氏の著書「革命のファンファーレ」を読みました。もともと映画「えんとつ町のプペル」を見たことが僕がブログを書き始めたきっかけであり、自己実現のために本気を出し始めたきっかけでもあります。そうです、僕は西野チルドレンです。プペル見て感動してる人です(でもオンラインサロンのメンバーではありません、まだ一円も稼いでいないので)。この記事は #革命のファンファーレ をつけてtwitterでシェアする予定です。予定というのは、まだクラウドファンディングのページとfacebookアカウントが準備できていないからです。この記事を読んでくださった方が僕たちの蔵ファンにも興味を持っていただけるような準備が整い次第シェアしていきます。この記事は西野亮廣を最大限有効活用する目的で書かれています。

 

定価1389円はちょっと、、、

この革命のファンファーレの内容は「映画えんとつ町のプペル」の売り方のネタバレを軸とした西野亮廣の脳内発表会です。今までの仕掛けやそれを仕掛けた理由なり勝算であったりこらからの予想や展望だあったりを、かつて一世を風靡したお笑い芸人とは思えないほどとんでもなくつまらない小ボケを挟みながらのびのびと書かれています。

 

本に限らずモノを買う時って払った分の恩恵をきちんと回収できるか(あるいはもっとお釣りが来るのか)ってことを考えて何を買うか決めたり「中古でこのくらい安く済むなら買っても良いかな」みたいに買い方を工夫したりすると思うんですけど、この革命のファンファーレを読んで1389円分の価値を回収できる人はそこまで多くないと思います。

 

読んで得しそうな人

クラウドファンディング初心者

そもそもどうしてクラファンをしたいのか原点回帰させられ最善策が根本から練り直せます。

・企業したい人、企業家

普通に面白いしどこをとっても参考になります。西野流の弱みを見つけて自己流にアレンジしちゃおうと思って読むことをおすすめします。

・西野のことが大好きな人

好きにしてください。

 

読んで損しそうな人

・素直じゃない人

嫌いな先生でも良いこと言う時ってあると思うんですけどそう言うのも片っ端に否定していく人はこの本から学ぶことはないと思いますね。ビジネス書あるあるだと思うんですけど根拠が実績だけだからたまたまかもしれないし、再現性が高いとは言えない内容も多いので「こいつの言ってることは胡散臭い」とか適当に批判できちゃう内容となっておりまして、内容が合ってるの間違ってるのってそんなに大きな問題じゃないんですよ実際。よく噛んで飲み込んで消化して吸収して自分の一部にしちゃえば全然元は取れる内容です。

・現状に満足していて、今の当たり前がずっと通用すると信じている人

世の中は目まぐるしく変化しているので自分が変化しないというのは適応できないということと同義なのでそういう人は沈没しちゃうこと間違いなしなんですけど、なかなか変化していなくても大丈夫だと思いたい人にとって新しい情報やそれを運んでくる人って怖いので嫌いになっちゃうと思います。読むのはやめたほうがいいです、虚しくなるので。

・西野のことが大嫌いな人

好きにしてください。

 

もっと勉強したいと思ったこと

革命のファンファーレを読んだことによって具体的に何をどうすればうまくいくのかみたいなことがわかることはおそらくありません。すべての内容が西野亮廣の場合を前提に語られているからです。でもただの自慢話というわけではなくて、西野がうまく行った理由を西野的視点からロジカルに考察しているので今の自分に当てはめながらもっと勉強したいと思う分野を発掘していくと言った次のステップへの橋渡しが仕掛けられています。これは本当に凄いことだと思います。僕の場合はクチコミの仕組みや口コミをする人の心理なんかをもっと勉強したいと思いました。僕のことを広めるメリットがない上に、僕とめちゃめちゃ仲良しでもないような人に拡散してもらうことが一番大切なステップです。

 

無人島企画進んでます

以前公開した僕の脳内の一部でも取り上げましたが無人島サバイバル計画のメンバーが揃って良い感じに動き出しています。まだ読んでない方はぜひ読んでみて欲しいです。僕面白いこと企ててます。

付加価値の大切さと僕の作戦 - まいくのブログ

 

 

 

 

 

 

付加価値の大切さと僕の作戦

こんにちは!まいくです!

『2011年度にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業につくだろう』

この言葉は米デューク大学のキャシー・デビットソン氏の超超有名な言葉で、AIに仕事が奪われることを示唆しているのですが、この言葉だけでは何をどうすれば来るべき未来で食いっぱぐれることなく生きていけるのか全くわかりませんよね。僕が小学校に入ったのは2009年度なので僕は時代の過渡期に生まれてしまったことになり、新しい秩序が整う前に社会に放り出されてしまうことがほぼ確定しているわけです。困ってしまった僕が今のところこうすればなんとかなるんじゃないかと思っている未来予想を今日はお話しします。

 

前代未聞は当たり前

前代未聞ときくと何かとんでもない事態が起こるようなニュアンスで聞こえますが、実際は技術革新によって失業者が生まれるのは歴史を振り返ってみるとよくある話なのです。産業革命をとってみればわかりますが手工業から機械工業への変遷に伴って人手の需要が減り、やはり失業者が増えました。何もAIに限った話ではなく、テクノロジーというのは(特に資本主義のもとでは)今までできなかったことをできるようにすることで、新しい物を作って売ったり、楽に物を作ってコストを削減していく性質を持っています。

 

選択肢①:王道

こうしたテクノロジー文明で生き残る王道は利用することです。テクノロジーの使い道を考えることで利益を生むこの方法は主に既に力を持っている人たちに向いています。お金で買えないモノは存在しないですからね。もっと正確にいうと、買えないのであれば存在しなかったことにすればいいわけです。これ以上はもう話せません。とにかく一度二極化してしまったら勢力を覆すのは難しいということだけ理解していただければ充分です。

 

選択肢②:邪道

邪道はいろいろありますがその筆頭はクリエイターだと思います。YouTuberなんかが今では真っ先にあがるのかもしれません。要するに想像して創造するタイプの仕事です。歴史を見ると、工芸品や見世物などが同じ括りになるかもしれません。

 

僕の場合

僕の場合はもちろん邪道です。王道をいくと優劣が生じてしまいます。それなのに単純に必要な人数が減ってしまったら倍率が上がって優秀な人しか残れなくなってしまいます。優れているかどうか以外のポイントで自分に付加価値をつけためのキーワードは『スラッシュ』だと思います。『/』これです。SNSのプロフィールなどで複数の要素を仕切るために用いられているこの記号がヒントだと思います。つまり『いろいろやっとけ』ということです。スラッシュが多い人、すなわち肩書きが多い人ほど生き残りやすいということです。日本では終身雇用が今でも根強く残っていますがおそらくこれからは色々な仕事を経験していた方が安全になってくると思います。

 

コロナで職を失った人も多い今だからこそ、僕の予想する未来がイメージしやすいと思います。もし副業をしていれば、もし在宅ワークのノウハウがあれば、今よりも状況は明るかっただろうにと思っている人は少なくないはずです。単一の能力にこだわると変化に鈍感になってしまいます。僕は大学に通いながら、アメフト部に入り、ブログを書いて、被写体モデルをしつつ、留学も考えています。収入源の分散などと難しいことを考えずに、まずは複数のタスクに同時に取り組む習慣をつけておくことが大切だと思います。

 

いろいろやっておくもう1つのメリット

なぜわざわざスラッシュなどという回りくどい例えをしたと思いますか?複数の肩書を持つことの最大のメリットはSNSに強くなることです。世の中の人の多くは発信の中身より発信している人が誰かを気にしています。「飲食業を経験して分かったバイトの実体」というタイトルよりも「飲食、教育、製造、販売を経験した私が教える割の良いバイト」というタイトルの方が説得力を感じると思います。一つ一つの肩書は普通でも、組み合わせるとオリジナリティを確立できて、自分自身に付加価値がつきます。

 

全てが一点で交わるときに完成する

肩書きが多いだけでも強みになりますがそれはあくまで足し算です。しかし一つ一つの肩書がある一つの目的を中心に繋がっていたら、その肩書は掛け算になります。それぞれの肩書によって得た知識や能力、顧客を自分が名に据えているサービスに集約することができれば無敵になれるというカラクリです。

 

全部踏まえた上で僕が今練っている作戦

僕は「クラウドファンディング無人島サバイバル!!」というプロジェクトを考えています。ブログや被写体を売りにしてSNSで支援者を増やして、クラファンで無人島生活というエンタメを完成させてしまえば一気に「複数の肩書」、「消費行動を伴う支援者」、「唯一無二の仲間」、「SNSマーケティングのノウハウ」などが手に入り優劣で測れない超絶面白人間になることができると考えています。

 

もちろんこの構想はまだまだ穴だらけで、特にSNSで支援者を増やすためにはもっともっと面白いことに挑戦する必要があると思っていて、まだ公開はできませんが既にいくつかプランがあります。一つ約束できることがあるとすればこのブログを読んでいるあなたはこれから超絶面白人間になる変な野郎をかなり早めに見つけたということです。応援してくださっている皆さんをがっかりさせないためにも日々前進あるのみ。頑張ります!

 

 

 

 

必要な時に、必要な人と出会う

こんにちはまいくです。

小さい頃から夢に見ていたプロジェクトが始動しました。

 

予定通り起きた奇跡

ある人は「人は、必要な時に必要な人と出会う」と言いました。僕はこの言葉を信じています。僕は小さな頃からテレビの無人島企画が好きでよく観ていました。男の子にとっては大自然に裸一貫で挑むというのはロマンがあるものです。いつか自分も無人島に行って心の底から、「生きてる!」と感じてみたいと思うようになっていきました。

 

でも僕には一人で無人島に行って帰ってくる能力はないしそれを求める事にはロマンは感じません。最高の瞬間を独り占めするよりも、最高の仲間と分かち合う方が青春っぽさがあると思っています。しかしここで問題になるのが、「無人島に行きたい!」と伝えた時に「俺も!」とノータイムで答えてくれる仲間に巡り合うのは簡単ではないということです。高校時代に仲がいい友達に頼んでみたものの惨敗。大学に入ったら必ず頭のおかしな仲間を見つけようと思っていました。

 

シンパシーを感じる仲間を運だけで見つけることは難しいとわかったので僕は動く事にしました。僕の他にも仲間が欲しいと思っている人はたくさんいるはずです。その人に自分を見つけてもらいやすいようにアピールするのです。僕にできることは最近始めたブログと被写体モデルだけでしたがそれでも何もないよりは目立つはずだと思いSNSで自分の活動をアピールしました。最初は恥ずかしかったけど情報発信はAI時代を生き抜くために必須のスキルだという確信もあったのでとにかく続けました。

 

そしてついに僕は計画通り運命の人と出会いました。Twitterで僕を見つけてくれた彼はDMで「行動を起こしている人と友達になりたい」と声をかけてくれました。彼に無人島計画を話すと「面白い!行こう!」と即答してくれました。運命はある程度手繰り寄せることができそうだと学びました。無人島に行くために必要な人数は僕の試算では4人です。まだまだ道のりは長いです。が、思いのほか奇跡は予定通り起きることがわかったのできっとうまく行くと思います。

 

支援者を募る能力

人生は一度きりでそれなりに短いが故に、経験できることというのはそこまで多くないはずです。したがって無人島にも行ってみたいけど自分で行くのには手間も時間もかかってしまうからやめておこうと思うひとも中にはいます。そういった人たちは、実際に無人島に行ったらどうなっていたのか教えてくれる人がいたら少し気になってしまうはずです。無人島に絞らずとも、大学生の自由に使える時間があった時にもっといろいろしておけばよかったと後悔している人に、そのいろいろの一例として僕たちの無人島計画を見せて「面白そう!」と思ってもらうことは可能なはずです。自分の青春でお腹いっぱいになれなかった人や、久々に青春を思い出したいという人たちに、僕たちの無人島計画を支援してもらう、すなわち、クラウドファンディングに挑戦しようと思います。今流行りの協賛方式のエンタメというやつですね。

 

自分一人ではできないと思っていたことが、仲間が増えることで次々にできそうになってくる毎日にワクワクが止まりません。本当に幸せです。すべてに感謝。おやすみなさい。

 

心が夢中になる方へ

大学で何しよう

大学に入ってみて一番驚いたのはめちゃくちゃ暇と言うことです。最近まで受験生をしていて時間が足りなくて足りなくて仕方なかった身からすると大学生の暇っぷりには本当にびっくりしました。と、同時にこの暇な時間をどうにかして埋める必要に迫られます。

 

ここで基本的には三つの選択肢があります。(バイトはほぼみんなするので省きます)

・サークルに入る

・部活に入る

・個人的に何かしらのプロジェクトを行う

 

僕はどれにするか決めていなかったので選択するために十分な情報を集めることから始めようと思い、新歓に行きまくりました。(コロナ禍でも工夫して行われます)個人的には新歓は食わず嫌いせずに全部行くべきだと思います。自分自身を100%理解できている人は少ないので本当に自分がやりたいことと出会うには、積極的に新しいことに首を突っ込むべきだと思うからです。

 

本気でやった方がリターンは大きい

何をするにも目的意識は持っていた方が充実した時間になるとは思いますが、僕の場合は次のような条件を特に重要視しました。

・一生の仲間を作ることができるか

・将来にわたって役に立つ能力が手に入るか

・最後まで夢中で続けられそうか

 

なぜこのような条件が並んだかと言うと、この条件をすべて満たせば大学生活を捧げた分に見合うリターンを得られる可能性が高いからです。うまくいくかいかないかなんてことは誰も予測できないので僕はいつも成功の確信を得てから動くことは諦めています。むしろこのまま進んだら成功しても失敗しても絶対自分のためになると言う確信を得て動くようにしています。そうすれば最後まで本気で続けられると思うし振り返った時に得られるものが多いはずです。

 

で、僕は関東一部のアメフト部に入る事にした

僕は10年間バスケをしていたのですがもう燃え尽きてしまって新しいことをしたかったのもあり、バスケの経験を少しでも活かせそうなアメフト部に入る事にしました。大学デビューでガチのスポーツをすると言うのは本来は無謀なんですけど、自分の通う大学の中では一番厳しい部活で、だからこそそれをともに乗り越えた仲間とは本当に濃い関係になれるし、社会性や精神力も部活の方が身につくと思います。(就職にも強いですし。。。)

 

部活がサークルより良いみたいなことが言いたいわけではありません。自分が活動の場を選択するにあたって必要だと思った条件を満たしていたのがアメフト部だっただけの話です。どうしてもスポーツはガチでやってしまうんですよね。

 

心が夢中になる方へ

だらだらと理屈ぶってしまったのですが、迷ったら自分がワクワクできるかどうかに尽きると思います。始めてアメフトの試合を見たときの高揚感が1番の決め手です。もともと大学では遊ぶつもりだったんですけど、onの時間があった方がoffも輝く物だと思ったのでメリハリのある大学生活を送る事にしました。類は友を呼ぶとも言いますが自分の人生を豊かにしてくれるような仲間と出会うためには、相手の人生を豊かにできるような自分になることが一番手っ取り早いと思うので、濃い4年間になるように1日1日を積み重ねていきたいですね。

グーチョキパーで作るな

まいくです。

 

子供の頃よく先生とか親とかがグーチョキパーで色々作ってくれたと思うんですけど、あれめちゃめちゃレパートリー少ないのに子供にバカ受けするじゃないですか。限られた手札であれこれ考えることってすごく面白いと思うし、実際いろんなゲームとかで根幹を担うような戦い方だと思うんですけど、大人になったら何が面白いかわからない、要するに卒業してしまいますよね。これは単に飽きただけではないと思うんです。

 

すんごい昔のゲームにもう一度ハマることはあるし、流行りすたりとかとも厳密には違くって

いっせっせ(指スマ、タコタコなど呼び方は色々あるアレ)なんかは大人になっても全くやらないわけでもないから指遊び的なノリの対象年齢も厳密には主要因ではないはず。

 

結局大切なのは要素の数と組み合わせだと思うんです。いっせっせの例で言えば勝敗、運、真理戦、人数の柔軟性、即死はしない、場所を選ばない、道具を要さない、知名度と言ったたくさんの要素が全て暇つぶしという同じ目的のためにそれぞれ意味をなしていると言うことです。

 

で、前振りが長くなったのでそろそろ本題に入りますね。今をときめく未来予想の中で最も有力なものの一つに、さらなる独占による二極化があります。例えばLINEはチャット、通話に加えてスタンプ、着せ替えさらにはニュースやキャッシュレス、クーポンやポイントと欲張りセットです。

 

強いやつらは飲み込んで要素を増やしてデカくなっていくのでグーとチョキとパーだけでは勝てない時代で僕たちが勝つためにはもっと要素を増やさなければいけません。もっと言うと要素を増やしていく前程で可変的なデザインを最初からしていかなければいけません。でも現実的にそれは限りなく不可能に近いです。早い者勝ちですからね。大きいものほど大きくなりやすいのが現実です。

 

僕はただ一つを極めるべきだと思います。誰にも真似できない最強のグーを追求してグーだけで戦うべきだと思います。

 

世の中にはグーチョキパーよりもっと多い手数を持つ千手観音がちょっとだけいて、その人達を倒すことよりも、千手観音のグーだけを狙って自分のグーをぶつけて壊すことができれば、

千手観音は代わりに自分を新しい腕として使ってくれるんじゃないかなと思います。

 

腕だけもぎ取られないような強気とプライドを忘れずにいたい。おやすみなさい。

 

キャリア教育そんな推す?

まいくです

今日は大学でオリエンテーションがありました。

とても面白い話し方でそんなに面白くない話をされる教授がいらっしゃったのですがその様子が少し面白かったので僕の意見を踏まえながら紹介します。

 

まあ内容としてはキャリアというものは職種なり職業なりを超えて『お前は一体何ができるんだい』という質問をされたときに『こんな経験があって、こんな勉強をしてきて僕こんなことができます!』って答える時のタネと仕掛けのことだよってことが言いたかったんだと思うんですよね。

 

『やりたいことがないんだったらできること増やしなさいよー』

『これから先熱いことを調べてできるようになりなさいよー』

みたいなことを言ってました。

 

要するに自分で自分をどんどんアップデートして需要のある人材になりましょうねってことであってると思うんですけど、キャリア教育ってそんなに有意義ですか?

 

教育ってそもそも教える側と教わる側の封建制のもと成り立っているわけですよね。教わる側はある程度受動的になってしまうわけです。でもその間実務経験を積んでいく輩もたくさんいるわけじゃないですか。それこそキャリアにつながるような主体的な実務経験を。

 

ということはキャリア教育の意義というのは生徒の主体性に100%依存しているわけなんですけど、そもそも主体的な生徒というのはキャリアを積むために大学に通って留学をしてインターンに行くのだという信念が既にあるわけです。

 

整理しますと、主体性のない人にキャリア教育を施すのはコスパが悪い。そして主体性のある人にキャリア教育がどうたら説明する必要はない。

 

これらの条件から導き出される答えは『今日の話は誰にも刺さってない』ということです。

スピーチというのは特定の需要を持ってやってくる聴衆に対して、彼らが望む情報を情緒たっぷりに見せびらかすことで聴衆を教育して、自分や自分の持つコンテンツへの信頼を高めるために行うと思うんですけど、これじゃ生徒から教授への信頼爆下がりですよね。

 

で、そんなスピーチをすごく楽しそうに、されていたのでなるほどこれは何か企んでいるなと僕は気づいてしまうわけです。

 

『試されているんだ』

 

自分にとって有用な情報かどうかをパッケージだけで見極め取捨選択する技能が試されているに違いない。そう思った僕はすぐさまスマホを取り出しTwitterをチェック。学部生は誰もツイートをしていない。

 

僕が一番最初にこのスピーチという試験を突破したことを確信しました。

この物語はフィクションです。断じてフィクションです。終わり。

フォロワーは数じゃないよね

まいくです

SNSを使って収益を生むというのは今やスタンダードであり、収益化のプロセスは時代の中で洗練されてきていて『どうもyoutube儲かるらしいよ』『SNS代行業者があるらしいよ』などという軽い気持ちでは通用しないフェーズが来ていると思います。今回はyoutubeの変遷から今現在のSNSの攻め方を考察していこうと思います。

 

YouTubeは本当に変化が激しい

youtubeが近年導入した仕組みに次のようなもが挙げられます。

 

・メンバーシップ(有料会員)

・プレミア公開

・スーパーチャット

 

これらの改革によりYouTubeを使ったマネタイズの最適解が変化しさらにその変化は昨今のSNSを攻略する際に大きなヒントにもなりうると僕は考えています。

 

メンバーシップで稼げるカラク

そもそも無料で好きなだけ動画を視聴することができるということがyoutubeの最大の魅力であったのに、有料のメンバーシップに加入するユーザーなんているのか。と、思うのが普通だと思うのですがここで知っておかなければいけないのが、広告単価という指標です。

 

もともとyoutubeの収益は広告収入のみでした。youtubeにお金を払って広告を出すことを考えてみましょう。もっともお金を使い易い主婦層に広告を見せる時と、購買能力の低い小学生に広告を見せるときに、同じ額の費用を払うのって損なきがしませんか。YouTubeおよび管理会社のGoogleは誰に広告を見せるかによって広告の単価を変えています。

 

ここからわかるのは

『物やサービスを売る時は、それを買う余裕があるお客さんを捕まえるといいよね。』

という考え方の存在です。もっと簡単にいえば『お金ない人なんか無視してお金ある人のためにサービスをしたほうがお得だよね。』という発想でメンバーシップという仕組みの根幹となる理論です。これはキングコング西野さんや堀江貴文さんらを代表とするオンラインサロンにも共通しています。

 

プレミア公開を考えた人は天才

プレミア公開とはアップロードされた動画をすぐに配信するのではなく、指定した時間に配信し、視聴者はコメントをしながら視聴することができるという仕組みです。録画編集された動画を生配信を楽しむかのように視聴できるというアイデアで、とてつもなくシンプルかつ奥が深い仕組みです。

 

youtubeの動画にはプロデューサーもディレクターもいないのでクオリティはどうしても落ちてしまいます。逆にyoutubeが強みとしているのが『習慣としてみてもらうこと』と『リアルタイムの反応の共有』です。SNSの投稿には必ず投稿した時間が記録されます。これには『投稿をすぐに見れた』という付加価値を与える効果がありプレミア公開はその究極と言ってもいいと思います。生ではない映像で生の感触を与えるという神業がこんなにも単純な仕組みによって実現されているのでプレミア公開を考えた人は本当に天才だと思います。

 

スーパーチャットも大きな収入源

スーパーチャットとは投げ銭機能のことで配信者への還元率はメンバーシップと同様70%ほどらしく同様のプラットフォームの中ではかなり高い方なのでコスパはいいと思います。

投げ銭機能は応援の気落ちが可視化されて配信が盛り上がるため今後も愛されていくと思います。

 

フォロワーは数じゃないという結論

SNSでマネタイズするのであれば経済力を持った支援者を集めることが大切です。そのためには信用の貯蔵が必要になってきます。学歴も資格も実績も全て、時間をコストに信用を貯蔵した結果である考えることができます。僕の場合はこのブログが信用の貯蔵につながっていくと考えているので、こいつ面白いなと思ってもらえるような記事の執筆を心掛けております。

ではまた。